こんばんは、オガです(^^)/

 

本日はレンジ相場発見ツールの紹介です。

 

使い道

まずは、想定する使い道ですが、

上位足でトレンドが出ている時の押し、戻しをとらえる、

上位足がレンジ相場の時の逆張りはとらえる

事を考えています。

 

 

図で示すと、こんな感じです。

image

image

上位がトレンド相場ではトレンド方向へレンジブレイク、

上位がレンジ相場では逆張り方向へのレンジブレイクを狙うものです。

 

もちろん、必ずこのポイントでレンジになる訳ではありませんが、

このような重要なポイントでレンジ(売りと買い)を制した方向というのは

優位性があるポイントとなりますよね。

 

負けた方の損切+勝ちを確認して他の新規参加者が入りますので、

グンっと動きやすいポイントとなるんです。

 

で、実際のツールはこんな感じです。

image

 

ロジック

image

わかりやすい説明が難しいですが、設定した期間内の高値安値が上記の枠です。

で、期間内のローソク足のヒゲも含めて塗りつぶしたのが上の黒い部分です。

 

この枠内で黒い部分の面積が多いと、レンジになるというロジックです。

黒い部分の面積の割合(%)はパラメータで設定します。

「FP」というパラメータで設定可能です。

 

様々な区間のレンジが表示できるように、

このインジケータを複数同じチャート内に適用できるようにしています。

ただし、この場合はIDを変える必要があります。

 

あと、期間を大きくすると、割合を小さくし、

期間が短いと割合を大きくしないと、

適度なレンジとして判断されません。

 

一例としては、以下のような感じでしょうか。

image

3つのインジケータを適用してみました。

それぞれのパラメータは以下の通りです。

2017-03-05_21h30_58

2017-03-05_21h31_08

2017-03-05_21h31_19

パラメータの説明

period:監視する期間

FZ_period:レンジを判断する期間

FP:レンジと判断する割合

Z_col:レンジ相場を示すボックスの色

ID:このインジを複数使用する場合は別の英数字を設定してください。

 

興味がありましたら

ぜひダウンロードしてくださいね。

ではでは、オガでした(^^)/

 

ツールの受け取り

以下バナーをクリックすると、バナーの下に

ツールのダウンロード案内が出現します。

P.S.1 有料級のものしか作りません!

当ブログで作成した

無料FXツール一覧

P.S.2 ツールだけでは勝てない?

当ブログでは様々なツールの開発・配布を行っていますが、
ツールは野球で言うと「バット」です。
FXで勝てない方は、ガリガリの素人が良いバット
を振り回している(振り回されている?)状態です。
FXにおける強靭な肉体を手に入れてみませんか?
そんな方はトップページにて、
FX失敗者・挫折者コンテンツ
を確認してみて下さい。

P.S.3 管理人の手法

ドラゴンストラテジーFXという商材の
手法を使っています。

相場の環境分析を行った上で、
ドラストFXが得意な相場で取引きを行っています。

↓今のところプラスです!
ドラゴンストラテジー検証

P.S.4 メルマガ会員限定FXツール(無料)