こんにちはオガです。

 

今回は秒速スキャルFXに関する便利ツールの紹介です。

秒速スキャルFXのノウハウにある勝率を各段に上げるテクニックを

取り入れた際に効率化できるツールです。

 

image

 

ネタばれになるので、このテクニックの詳細を公開することはできませんが、

3つのテクニックの内の1つは、レジサポ転換を利用することになります。

 

で、レジサポ転換を見つける作業ですが、

まずは波動の高値安値をみつけて

そのレートが重なっている部分を探していきます。

 

今回はこれを効率化するツールを作成しました。

一瞬でラインを引いてくれます。

 

まず、高値安値として秒速スキャルFXでは

ZigZagを使っています。

 

image

 

今回は秒速スキャルFXの資料内で紹介されている

パラメータを初期設定として用いています。

 

この時できる高値安値を利用して、レートが重なっている部分を

自動で抽出するツールになります。

 

image

参考:サブウィンドウはRSIのダイバージェンスを見つけるツールです。

 

完全一致のレートでは高値安値はなかなか重なりませんので、

どの程度の値(pips)まで許容するかはパラメータで設定でき、

その幅のバンド(帯)が画面上に表示されます。

 

バンドが重なると色が消えてしまいますので、少しわかりにくい部分もあります。

そこで、バンドではなくラインで表示するモードも用意しました。

(パラメータでモードの選択が可能です。)

 

image

 

最後にパラメータの説明です。

image

 

CAL_Period:分析する期間(現在足から過去に何本分か)小さい値の方がPCに負担がかかりません。

REGSUP_Period:下記に説明

Peak_point:下記に説明

ローソク足が「REGSUP_Period」本中に「Peak_point」個の高値安値を見つけるとバンドやラインを表示します。

ただし、高値と安値が共に入っていることが条件です。入っていないとレジサポ転換にはならないので。

zone_pips:上下にどれだけの幅を持たせて同じレートとみなすかの値です。

わかりにくいかもしれませんので、図示します。

image

 

Depth,Deviation,Backstep:ZigZagのパラメータ

ID:このツールを同じチャートに複数適用する場合は異なる数字を入れて下さい。

RS_line:falseならバンド、trueならラインを表示

Z_col:バンドやラインの色

HP_col:ZigZag高値の色

LP_col:ZigZag安値の色

 

このツールは当ブログから秒速スキャルFXを購入された方にお渡しします。

秒速スキャルFXの特典一覧と受取り方

 

ではではオガでした(^^)/

 

参考:秒速スキャルFXの内容まとめ&対応ツールの開発

P.S.1 有料級のものしか作りません!

当ブログで作成した

無料FXツール一覧

P.S.2 ツールだけでは勝てない?

当ブログでは様々なツールの開発・配布を行っていますが、
ツールは野球で言うと「バット」です。
FXで勝てない方は、ガリガリの素人が良いバット
を振り回している(振り回されている?)状態です。
FXにおける強靭な肉体を手に入れてみませんか?
そんな方はトップページにて、
FX失敗者・挫折者コンテンツ
を確認してみて下さい。

P.S.3 管理人の手法

ドラゴンストラテジーFXという商材の
手法を使っています。

相場の環境分析を行った上で、
ドラストFXが得意な相場で取引きを行っています。

↓今のところプラスです!
ドラゴンストラテジー検証

P.S.4 メルマガ会員限定FXツール(無料)