こんにちはオガです。

 

今日は、関野さんの教材トレンドディスカバリーFX

関する無料ツールの配布についてです。

 

トレンド・ディスカバリーFXとは

 

まず、トレンドディスカバリーFXについて説明します。

この教材を販売した関野さんは過去に

「トレンドハンターFX」などの人気教材を販売しています。

 

今回販売のトレンドディスカバリーFXの最も特徴的なコンテンツは

ずばり「環境認識」です。

 

ただ、裁量で終わるのではなく、エントリーロジックもしっかりと

解説されていますので、ご安心下さい。

 

ただ単に、ロジックを説明して終わりではなく、

そのロジックを最も活かせる相場を探す技術を解説されています。

これがまさに「環境認識」ですね。

 

今回、トレンドディスカバリーFXでは、

環境認識に通貨ペアの強弱を使用しています。

 

他の通貨に比べて、買いが強い通貨と、

他の通貨に比べて、売りが強い通貨を

選択することによって、

最もトレンドが顕著に出ており、継続性が見込める

通貨ペアを見つけ出すということを行っています。

 

以下のように動画で解説しています。

 

で、通貨ペアの強弱をはかるツールはたくさんありますが、

個人的に好きなのが、CCFpというインジケータです。

 

image

色は各通貨を表しています。(左上に色と通貨の対応が表示されています。)

最も値が大きい通貨が最も買われているものです。

逆に最も値が小さい通貨が最も売られているものです。

 

これで、最も強弱が離れている通貨ペアがすぐに確認できます。

もちろん、CCFp単体でも十分利用価値がありますが、

個人的に2点の改良が欲しいなぁと思ったので、

その改良を行ったツールを配布します。

 

改良1.通貨ペアの名前が固定なので可変にしたい。

 

私の使っている、MT4では例えば、「USDJPY」は

「USDJPY-cd」となっています。

 

このツールは、「USDJPY」前提で作っているみたいなので、

パラメータで通貨ペアの名前を入れれるようにしました。

 

ネット上でも、ちらほらインジケータが表示できない!

という声があるみないなので、私と同じような症状なのでは?

と思っています。

 

改良2.強弱自体の強弱が知りたい!

 

image

もちろん最大のものと最小のものが、

そのタイミングで強弱が大きいと判断できますが、

 

強弱の幅自体が小さい場合は何を意味しているかというと

全ての通貨で特に強弱がみられない。

つまり、全体的にレンジ相場ということになります。

 

そこで無理して強弱をみつけても

本末転倒というか、トレンドを見つけようとしても

結局レンジ相場内で一番トレンドがでている

通貨ペアを見つけたにすぎません。

 

なので、トレンド相場を見つけるには、

最大と最小の幅が大きいときに、

最強と最弱をみつける必要があるということです。

 

そこで作ったのが、最大と最小の幅を表示し、

指定した期間の平均値のラインを表示するというツールです。

 

※平均値ではなく、平均値の何倍かのラインを

 表示するためのパラメータも用意しています。

image

 

今回作成したのは下側のツールです。

赤ラインは平均値です。

 

パラメータで現在から1000本分の描画としていますので、

左側が切れていますが、パラメータを大きくすると

もっと過去まで計算するようになります。

※描画する本数と平均値の計算期間は同じです。

 

このツールを使えば、過去と比べて

「強弱の強弱」がすぐにわかります。

 

この時に、トレンド相場のロジックを使えば

普段よりも勝率UPが見込めますね!

 

それでは、パラメータの説明です。

CCFp(改良版)

image

本家のCCFpに赤枠部分をプラスしました。

お使いのMT4で通貨ペアの名前が、

通常と異なる場合はここを変更することでCCFpが使えます。

 

それ以外は本家のCCFpと同じですが、

基本的にいじらないでOKです。

気になる方はネットで調べてみて下さい。

 

CCFp_EXP

image

赤枠部分がCCFpにはない設定です。

それ以外はCCFpのパラメータの一部です。

基本的にはいじらないでOKですが、

変更したいという方もいるかもということで追加しました。

 

period:インジケータの表示期間(平均値の計算期間)

CR_col:インジケータの色

LV_col:水平線の色

AX_AL:水平線を平均値の何倍の値に表示するかの設定

 

ではでは、興味がある方は以下の

「ツールの受け取り」からダウンロードしてみて下さい。

 

ちなみに、さらなる改良点としては

赤ラインを越えた時に音声&メールアラートを出す。

 

マルチタイムで、最強最弱通貨ペアを表示し、

その通貨ペアの強弱の強弱も表示する

というかなり使えそうなものを検討しています。

 

これらのさらなる改良ツールは

当ブログからトレンドディスカバリーFXを購入頂いた方に

お渡ししようと考えています。

 

正式アナウンスまでに対応して欲しいという方は

問い合わせフォームからご連絡下さい。

(一応トレンドディスカバリーFXは7/31で一旦販売終了みたいです。

 対応はそれよりも遅くなるかもしれません。。。また再販すると思いますし。)

 

参考:トレンドディスカバリーFX

 

ではでは、オガでした(^^)/

 

ツールの受け取り

以下バナーをクリックすると、バナーの下に

ツールのダウンロード案内が出現します。

P.S.1 有料級のものしか作りません!

当ブログで作成した

無料FXツール一覧

P.S.2 ツールだけでは勝てない?

当ブログでは様々なツールの開発・配布を行っていますが、
ツールは野球で言うと「バット」です。
FXで勝てない方は、ガリガリの素人が良いバット
を振り回している(振り回されている?)状態です。
FXにおける強靭な肉体を手に入れてみませんか?
そんな方はトップページにて、
FX失敗者・挫折者コンテンツ
を確認してみて下さい。

P.S.3 管理人の手法

ドラゴンストラテジーFXという商材の
手法を使っています。

相場の環境分析を行った上で、
ドラストFXが得意な相場で取引きを行っています。

↓今のところプラスです!
ドラゴンストラテジー検証

P.S.4 メルマガ会員限定FXツール(無料)